細木数子の六星占術☆無料占い2013年(平成25年 )

細木数子(ほそきかずこ)の無料占い情報と、あなたの全体運、恋愛・結婚運、財運、金銭運、相性など細木数子先生の六星占術で占ってみませんか?六星占術の宿命大殺界の説明や、細木数子さんの料理レシピ、細木数子さんのあなたに幸運を招く本を紹介していきたいと思います☆彡
<< 2010年!!細木数子さんの六星占術の本 | TOP | 2011年(平成23年版 )六星占術による運命の本が出版されました☆ >>
スポンサードリンク
細木数子の教え☆「お墓参り」編
     ☆年に一度はお墓参りに行きましょう☆

◎お盆とは・・・

お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多い。古神道における先祖供養の儀式や神事を江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行う事も強制し、仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たとされる。

地方によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるきゅうりやナスで作る動物を用意することがある。4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬、牛とする。きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。

地方によっては「施餓鬼」(きこん または せがき)と呼ばれ、餓鬼道に陥った亡者を救ったり、餓鬼棚と呼ばれる棚を作り、道ばたに倒れた人の霊を慰めるなどの風習もこの頃に行われる。また、盆提灯と呼ばれる特別な提灯を仏壇の前に飾ったり、木組に和紙を貼り付けた灯篭を流す灯篭流しや、提灯を小船に乗せたようなものを川などに流す精霊流しを行う場合がある。 特殊な例として盛岡市では供物を乗せた数m程度の小舟に火をつけて流す「舟っこ流し」が行われる。

甲信越・東海地方では仏前に安倍川餅を供えるという習慣がある。 また、長野県の一部地域では、送り火、迎え火の時に独特の歌を歌う習慣がある。

長崎県では、盆の墓参りや精霊流しの際に手持ち花火や爆竹を撃つ風習がある。今では廃れた福建の風習の『清道』(元は盆と正月に行われていたが、いまでは正月のみ)が元になっていると言われる。

沖縄県では、現在(2008年現在)も旧暦でお盆が行われている。13日をウンケー(お迎え)、15日をウークイ(お送り)と称し、この間先祖の霊を歓待する。また独特の風習や行事が伝えられる。代表的なものに、沖縄本島のエイサーや八重山諸島のアンガマがある。

お盆は、旧暦・新暦・月遅れいずれも、日本ではいずれも過去に祝祭日や国民の祝日になったことがないが、新暦8月15日前後は平日であってもかなりの人が休日になることが多く、学校の児童・生徒であれば大多数は夏休み期間となる。祖先の霊を祭る宗教行事だけではなく、国民的な休暇、民族移動の時期としての「お盆」としての側面があり、仏教的生活習慣を意識していない場合にはお盆(旧盆)は単なる夏休みになっているが、全国的に大多数の人が墓参りをするのが恒例である。

この時期は、毎年4-5月の大型連休(ゴールデンウイーク)や年末年始とともに、帰省や行楽に出かける人が多い。このとき、道路や公共交通機関が大変混雑する為、帰省ラッシュと呼ばれる。ただし、大型連休や年末年始と異なり、カレンダー上は月曜日から金曜日に当たる日は通常の平日であるため、官公庁や金融機関は通常通りの業務を行っており、一般企業でも平日という建前から、非生産部門を中心に業務を行っているところも多いため、このような場合では7月から9月の期間中に夏休みを取り、混雑や料金が最ピークの旧盆時期を避けて旅行などをしたりすることも多い。

企業の業務が休みとなる、いわゆるお盆休みは、その土地のお盆の期間に関わらず、日本全国どこでも8月中に行われるのが一般的である。日程は企業によって様々であるが、盆中日の8月15日を中心とする3〜5日間とすることが多く、企業ではこのお盆休みを夏季休業としている。

ただ、前述のように、カレンダー上では月曜日から金曜日にあたる日は平日であるため、この時期にも官公庁や金融機関を始め、サービス業、24時間体制の工場や病院など業種によっては通常通りの業務を行っており、交通機関や観光業は書き入れ時、小売業も百貨店やスーパーマーケットなどは、来客用の食品を中心とした商品の販売に力が入る時期である。逆に自動車の販売店(ディーラー)は休業するところがほとんどである。このような旧盆期間中に平常業務が行われている業種では、夏季休暇相当分の日数(3〜5日間)を6月から9月にかけて交代制で休暇を取る場合もある(ウィキペディアより引用)

細木数子さんが以前テレビでおっしゃてましたが・・・

少なくとも年に一度は先祖の霊に手を合わせてください。

何気ないことのようですが、たったそれだけのことで人間の心は不思議と落ち着くものなのです。
忙しくて時間がないという方もいるでしょう。しかし何もお盆やお彼岸だけがお墓参りの時ではありません。

大自然の道理にしたがって生まれ、育ち、生きていることを自覚するチャンスでもありますから、年に一度くらいは先祖のもとに足を運んでみてください。
スポンサードリンク
| - | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント

「細木数子無料占い」のコメントについて

「細木数子無料占い」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「細木数子無料占い」情報をお願いします。

「細木数子無料占い」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「細木数子無料占い」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「細木数子無料占い」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「細木数子無料占い」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「細木数子無料占い」に関連するサイトでしたらOKです。


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kazuko.hosoki-rokusei.com/trackback/1091547
トラックバック